クレジットカードには、スタンダードカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードとランクがあって、カードの種類もいろいろなものがあります。

ただ、クレジットカードを作るには、当然ながら審査に通らなければなりません。以前に支払い等で問題がない限り一般のクレジットカードなら、まず審査に落ちることはないですが、以前に何か問題があった場合は審査に通らないケースがでてきます。

クレジットカード審査に落ちてしまうということは、申込み記録として信用情報機関に記録が残ってしまうんです。そして、短期間に何社もの審査に落ちてしまうと、申し込みブラックという状態になってしまい、どこのクレジットカードも作れない、なんて事にもなりかねないんです。

この辺も含めて、カードを選ぶ際は、なるべくなら慎重にいきたいですよね。まず、一般的に、銀行系のクレジットカードは申し込みの敷居が高めになってます。一方で流通系のカードはやや緩め、一番審査基準が緩いのは消費者金融系が発行するクレジットカードになるでしょう。

学生の方や主婦、また、正社員ではなく派遣などで働いている人は、こうしたところに申し込むこんだほうがいいでしょうね。最初はこうしたカードに申し込んでおき、クレジットヒストリーを作った上で、本命カードに申し込むというのが賢いやり方ですよ。

流通系カードや消費者金融カードといった、作りやすいカードでも便利なカードはたくさんありますからね。例えば、ライフカードや楽天カードは若者を始め人気が高い一枚です。

creca03.jpg


審査基準も幅広く、あまり厳しくないため学生や主婦、自営業者など、多くの人が審査に通っていますし、何よりこの2枚は、ポイントの貯めやすさも際立っていますからね。

入会金も年会費ももちろん永久無料。そのうえ、楽天カードは、今人気のEdyも搭載できるということでかなり便利です。ネットショッピング以外にも使えますよ。



クレジットカードは本来、商品やサービスの支払いを後払いで支払うためのカードですよね。

しかし、本来の使い方ではなく、クレジットカードの「ショッピング枠」を現金を入手するために使う、いわゆる「現金化」と呼ばれる使い方をする人があとをたちません。

当然ながら、クレジットカード会社は現金化を認めていませんし、現金化をしている業者には悪徳業者が多いので、決してこのようなクレジットカードの使い方はオススメできませんね。

creca02.jpg


そもそも、クレジットカードの現金化とはどういった使い方かというと、まず、消費者が業者から何らかの商品をクレジットカードを通して購入します。例えば10万円のものを購入した場合、その場で9万円が消費者にものではなく「現金」で渡されるわけです。

中には、インターネット通販でクレジットカードを使って物を購入し、もちろん購入した商品は届きませんが、その後に現金が振り込まれるというシステムやクレジットカードで買ったものをその場で買い取り、そこでお金を渡すというシステムもあるようです。

そのかわり、現金化業者はカード会社から10万円を受け取ることができ、そこで利ザヤが生じ、一方、消費者には後日、カード会社から10万円のクレジット払いの請求がくるわけです。

これって、ふつうに借金をしているのとほとんど変わりありませんからね。悪徳業者の場合、入金が行われないといったトラブルがあるといいますし、たとえそのようなことになったとしても、カード会社は一切保障を行いませんからね。

クレジットカードはあくまでショッピングのために利用するものです。現金が必要であればキャッシング機能付きのクレジットカードを使うようにしたほうがいいでしょう。



クレジットカードって、持っていると大変便利ですよね。買い物をするときをはじめ、旅行に行くときなど、クレジットカードは、いろんなシーンで活躍してくれます。

でも、クレジットカードにだって、デメリットはあるんですよ!それでは、クレジットカードのデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

まず、クレジットカードのデメリットの1つは、金銭感覚が無くなることでしょうね。たとえば、買い物をする場合、現金で支払えば財布と相談しなきゃならないときがありますからね。

けど、クレジットカードで代金を支払ってしまうと、自分でいくら使ったのかを忘れてしまうことがあります。また、支払いをお金ではなく、カードで支払っていると、何となく、いくらでも使えるような気分になってしまうところもありますしね。

でも、それぞれカードの種類やランクによって、使える金額を決まっているわけだし、それこそ、クレジットカードを利用していいのは、自分が支払える範囲だけです。無理をすれば返済ができなくなり、ブラックリストに載る可能性だってないとはいえないですからね。

creca01.jpg

creca01.jpg

クレジットカードを使うのであれば、自分でいくら使ったか必ず認識しておいたほうがいいでしょう。金銭感覚が麻痺して大変なことになる前に、自分にブレーキをかけてくださいね。